長い物には巻かれよ

100workerの競馬自習室ブログ
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
安田記念2020の反省会

 ども、100workerです。

 観客がいたら、悲鳴が上がったのでしょうか?それとも、大歓声が上がったのでしょうか?

 グランアレグリアが力強く抜け出して完勝。アーモンドアイの8冠を阻止しました。

 グランアレグリアは「大歓声」って意味だったんですね〜無観客競馬に自ら大歓声を起こしました!

 池添騎手の「やったー!!」って声もしっかり聞こえました。このメンバーに勝ったのはうれしいですよね。

 

 昨日のパフォーマプロミスに続き、馬主はサンデーレーシングです。新馬戦でも、新種牡馬ドゥラメンテ産駒のアスコルターレが勝ちました。今週はサンデーレーシングの週になりましたね。

 

 私、予想でいろいろ間違えてました。

 ダノン2騎が1番枠と2番枠に入ったもんだから、どちらも白帽子と勘違いしてました。14頭立てなので、1枠と2枠に入り、白帽子と黒帽子でしたね(汗)染め分け帽子が二頭いるなんて嘘書いてるし。。。そういう基本的なことを勘違いしてるようでは、馬券で勝てません。ちゃんとやります。と珍しく反省しときます(笑)

 そして、スピードだけで押し切れる馬場にはならないのでは?と書いておきながら、内枠先行のダノン2騎をヒモ候補筆頭に上げてしまってる。外から先行のグランアレグリアでよかったじゃないの。。。

 アーモンドアイとグランアレグリアは使い分けでどちらもルメール様が乗るはずだったってのもわかってたのに。。。レース後にルメール様が「あの馬(グランアレグリア)が一番怖かった」っておっしゃっていたとか(汗)ぐちぐち、ぐちぐち。。。

 

 アーモンドアイもインディチャンプもさすがでした。でも、その前にいたグランアレグリアが素晴らしいレースをしました。

 ダノンプレミアムとダノンキングリーは一つも見せ場が無かったですね。心配です。

 

 あ〜、競馬って楽しいですね。

 また来週も楽しみです😆

 

JUGEMテーマ:競馬

安田記念2020を予想してみました。

 ども、100workerです。

 鳴尾記念、キメラヴェリテ逃げませんでしたね(汗)

 中58週の8歳馬パフォーマプロミスがラヴズオンリーユーとの叩き合いを制して、勝ちました。しがらき仕上げはすごいですね。

 

 2歳新馬戦が始まりましたが、ノーザンファーム陣営は未勝利でした。3歳路線の苦戦を引きずってしまうのでしょうか??

 でも、古馬戦線ではノーザンファーム陣営の支配力は揺らいでいませんので、安田記念はその線でアプローチします。

 

<安田記念>

 3歳牝馬戦線は、岡田一族が活躍しました。オークスでのワン・ツー・スリーは記憶に新しいです。

 3歳牡馬戦線は、ノースヒルズ陣営が頑張りました。

 この流れを受け、安田記念は3頭出しのダノン軍団が勝つんじゃないのwwwというツイートを目にしましたが。。。

 

 ちょい待ち〜

 

 確かにダノンは3頭出しですけど、ダノンキングリーは天栄仕上げですよ。ノーザンファーム陣営の一翼を担っていますよ?!

 オークスでの岡田艦隊やダービーでのノースヒルズ艦隊のように、ダノン艦隊が支配すると考えるのは早計ではないでしょうか。

 

 ノーザンファーム陣営は、しがらき組4頭、天栄組4頭の計8頭。社台ファーム陣営は2頭、ダノンさんは3頭(うち1頭は天栄組と重複)、西山さん1頭、亀田さん1頭。これ、どう見ても、ノーザンファーム陣営本気でしょ( ・∇・)

 

 

 ノーザンファーム陣営内部の綱引きと見るべきでしょう。

 天栄の総大将はアーモンドアイ。しがらきの総大将はインディチャンプ。

 

 ノーザンファーム陣営では、アーモンドアイとルメール様を中心にローテーションが回っています。

 当初の予定は、グランアレグリア→ヴィクトリアマイル、アーモンドアイ→安田記念だったはずなのに、ヴィクトリアマイルにアーモンドアイが出ることになってグランアレグリアは急に熱を出して安田記念へ延ばしました。ところが、アーモンドアイがあまりに楽にヴィクトリアマイルを勝っちゃったもんだから、ルメール様が安田記念で昨年のリベンジしたいって言い出して。。。グランアレグリアの立場は。。。

 

 インディチャンプは、昨年の春秋マイル王で、安田記念の連覇と春秋春マイル王を狙っています。前走のマイラーズカップはちょい負けくらいのつもりだったのに、相手が弱過ぎて勝っちゃった、えへ。的なステップでノンダメージ。アーモンドアイ以外に負けるイメージは沸きません。ダービーに続いて鳴尾記念も制し絶好調の福永騎手、アーモンドアイを倒す秘策があるかも?!インディチャンプは抜け出すと遊んじゃうらしく、ギリギリまで前を交わさない乗り方。アーモンドアイをガッチリマークして直線を向くのでは?そして、ゴール前アーモンドアイとのマッチレースになる?!

 

 ダノンキングリーは、G1制覇のチャンスだった大阪杯でうっかり逃げてしまって、まさかのクビ+クビの3着(涙)落馬負傷で長期離脱していた戸崎騎手が戻ってきて手綱をとりますが、どうでしょうか。

 ダノンプレミアムは、ダミアン・レーン騎手に現状打破を託すようですが、徳川の大軍に少数精鋭で立ち向かう真田幸村のような感じだった昨年の川田騎手とのコンビが解消されたのは残念です。

 ダノン2騎は、どちらも白帽子のディープなので軽視はしづらいのですが。。。

 

 昨夜、大雨になった東京競馬場。一晩で46ミリも降ったらしいですよ。

 

 

 

 その結果、今朝の芝コースの含水率は20%超という高い数値になっています。

 この後はいい天気になるそうなので、どんどん乾いていくとは思いますが、スピードだけで逃げ切れる馬場にはなれないのでは。知らんけど。

 

◎5アーモンドアイ

◯6インディチャンプ

△1ダノンプレミアム、2ダノンキングリー

 

 他にも買いたい馬はいるのですが、本命・対抗があれなのでエイっと決めないと馬券が買えません。

 外枠から先手をとって逃げるダノンスマッシュ、セイウンコウセイ、ミスターメロディ。

 その後ろの内で脚を溜める白帽子のダノン2騎。

 ダノンの後ろには青帽子のシルク2騎。(染め分け帽子が2頭いるレースって珍しいのでは??)

 乾いた馬場なら人気薄の逃げ馬が残る展開もあったかもしれないけど、適度に湿った馬場になり直線半ばで先頭交代になるでしょう。白帽子が先に抜けたところを青帽子2騎は脇目も振らずのマッチレースで3番手以下を引き離していく。勝つのはシルクのどちらか。

 

 、、、ってなるといいですね〜

 

JUGEMテーマ:競馬

鳴尾記念2020を予想してみました。

 ども、100workerです。

 九州北部はまだ梅雨入りしていませんが、雲の多い週末になりそうです。

 

 先週、日本ダービーが終わり、今週から2歳新馬がデビューしますね。

 3歳以上の混合戦も始まりますし、夏感が漂ってますね〜( ・∇・)

 昨年のルール変更で、降級馬はいなくなりましたので、混合戦では3歳馬が活躍します。

 みんなが思い出す前に美味しい馬券を獲りたいですね。

 

 では、土曜日の鳴尾記念に行ってみましょう!

 

<鳴尾記念>

 開幕週の阪神芝Aコース、2000mのG3です。

 昨年のオークス馬で、エリザベス女王杯3着のラヴズオンリーユーが実績上位ですね。斤量54キロって。。。

 3歳馬はキメラヴェリテただ一頭。斤量52キロの逃げ馬です。絶好の馬場なので、スイスイ行っちゃいそうです。

 長期休養明けで「しがらき」帰りの3頭は、枠がくっきり分かれました。白帽子(1枠)にパフォーマプロミスとトリコロールブルーが入り、大外8枠16番にサトノルークスが入りました。


◎2トリコロールブルー

○1パフォーマプロミス

▲6キメラヴェリテ

△5、9、7、16

 

 さっき、通販で買い物しちゃったので、当たるといいな〜😁

 

JUGEMテーマ:競馬

芝レース限定のランキング2020(5/31日まで)

 ども、100workerです。

 牡牝ともに無敗の2冠馬が誕生しましたが、これは無観客競馬の影響もあるのではないでしょうか。ダービーは素晴らしいレースでしたが、終わった後に何か物足りなさを感じました。そう、観客の熱狂です。あれだけのパフォーマンスを見せられたら、無敗の2冠馬の誕生を見せられたら、それはそれはスタンドが揺れるほど盛り上がったでしょう。

 大観衆がいないことで、レース前に入れ込む馬がいない。入れ込む騎手もいない。レースは落ち着いて流れ、力のある馬が力を出し切ることができる。

 無観客競馬の間は、素直に馬券を買った方がいいのかもしれませんね😅

 

 さ、ダービーは終わりました。

 今週から新馬戦が始まります。

 来年のダービー馬を探す日々の始まりです😃

 

1.騎手編

 

 川田騎手は未勝利に終わりました。2勝のルメール様との差は2勝です。いよいよ逆転の時が迫ってきました。

 戸崎騎手が不気味です。復帰してから2週間経ちますが、0−0−1ー5と連対がありません。騎乗数自体少なめで、リハビリ期間なのでしょうね。今週は安田記念にダノンキングリーと挑みます。いよいよ本気を出し始めるでしょうね。

 

2.調教師編

 

 矢作厩舎はコントレイルのダービー制覇を含む2勝です。もう1勝はエントシャイデンの安土城ステークス。こちらもノースヒルズ陣営の馬でした。新潟から連闘で東京の京王杯SCに出てきたときに狙いましたが、9着に破れました。今回、中1週で京都に出走となかなかの強行軍でした。買おうか悩みましたが、鞍上が川須騎手へ超絶弱化したので見送ったら9番人気で勝ち切られました(汗)あちゃーと思いましたが、あとの祭りですね。。。川須騎手は2勝をあげ、52位へランクアップしてきています。ちょっと注目してみてもいいですね。

 

3.馬主編

 

 ノースヒルズ陣営のメインジャック週でしたからね〜前田幸治さん、前田幸貴さん、前田晋二さん、それぞれ1勝ずつでした。

 ノーザンファーム系の3大クラブはシルクが0勝、サンデーが1勝、キャロットも1勝と珍しく複数勝利をあげられませんでした。今年の3歳世代は苦戦していますね。古馬の総大将アーモンドアイ、マイル王インディチャンプ、快速娘グランアレグリアなどがスタンバイする安田記念で巻き返しますよ〜

 

4.生産者編

 

 ノーザンファームの4勝に対し、ノースヒルズの3勝が光りますね。ライヴァルがいて切磋琢磨することでさらにお互いを高めていけるというものです。我らがノーザンファーム陣営の巻き返しに期待です。

 

5.外厩編

 

 ノーザンファーム系のしがらき、天栄が2勝ずつ、ノースヒルズ系の大山ヒルズも2勝。バチバチです!

 

 では、今朝はこの辺で(笑)

 

JUGEMテーマ:競馬

東京優駿2020の反省会(汗)

 ども、100workerです。

 牡馬も無敗の二冠馬誕生ですね!

 スタートして隊列が決まった時点で、あ〜福永騎手に勝たれちゃったなと思いました。

 

 ウインの2頭がデアリングタクトを先導する岡田艦隊は先週のオークスを制しました。

 そして、このダービーでは見事なノースヒルズ艦隊がレースの主導権を握りました。横山典弘騎手のマイラプソディがレースを動かしにいきましたが、ノースヒルズ艦隊は撹乱されませんでした。直線を向いて、後方から迫ってくるであろうサリオスを待ち、、、なかなか来ないので、並ばれる前に福永騎手がコントレイルにゴーサインを出し追い出すと、軽く突き放して危なげなく先頭でゴールを駆け抜けました。

 サリオスは、枠も外めでうまく位置を取れず、直線向いてから外から追い上げましたが、コントレイルを脅かすまでには至りませんでした。内の方での混戦の3着争いははるか後方でしたので、サリオスはサリオスで強い競馬をしたんですけどね。相手が悪かったとしか。。。(涙)コントレイルさえいなければ、サリオスが無敗の二冠馬だったわけですからね。この2頭の再戦は来年でしょうか。楽しみができました。

 

 混戦の3着争いを制したのはヴェルトライゼンデです。昨年のホープフルステークスでコントレイルの2着だった馬です。この世代の牡馬は、新勢力の台頭がなかったということですね。秋にどう成長して出てくるか、、、コントレイルの3冠を阻む馬は出てくるのか?!これも楽しみです。

 

 2着サリオスはシルクレーシング。3着ヴェルトライゼンデ はサンデーレーシング。春の3歳クラシック路線未勝利に終わったノーザンファーム陣営ですが、世代のトップクラスの馬は出してきているんです。このまま終わるとは思えないので、長い物には巻かれよのスタンスは変えずに見ていこうと思います。

 春のG1も残すは安田記念と宝塚記念です。古馬戦線はノーザンファーム陣営の勢力圏です。3歳戦線での苦戦の鬱憤を晴らす強いノーザンファーム艦隊の活躍に期待します。

 

 また来週〜ですね(笑)

 

JUGEMテーマ:競馬

東京優駿2020を予想してみました。

 ども、100workerです。

 1年ぶりの日本ダービーですね(当たり前、笑)。

 でも、今のこの情勢の中で、87回目の日本ダービーが開催されることに感謝しないといけませんね。

 みなさん、ご無事で何よりです。必ず生き残って、また、競馬場でお会いしましょうね。

 

 では、日本ダービー(東京優駿)の予想してみます。

 先に言っておきますけど、つまらないですよ(笑)

 

<東京優駿>

◎12サリオス

○5コントレイル

▲3ワーケア

 

以上です。おやすみなさい。。。

 

。。。

 

。。。

 

 出走馬の過去走をかなりしつこく見たんです。出走馬ごとに見るので、皐月賞なんか何回見たかわかりません。

 コントレイルは強いですよ。間違いなく。

 皐月賞なんて、1番枠から発走してインコースに閉じ込められて終わりかと思ったら、4角でいつの間にか外から進出していて、直線はサリオスを外から圧倒しました。あの時、コントレイルの上にいたのは誰でした?福永騎手??いやライアン・ムーアでしょ??

 明日、コントレイルの上にいるのが福永騎手だと信じて、サリオスの逆転にかけます。ダミアン・レーン騎手は昨年、騎乗停止のルメール様の代役でサートゥルナーリアに騎乗し、、、4着。雪辱に燃えているでしょう。がんばれ!

 そして、ノーザンファーム陣営のエース、ルメール様はワーケア に騎乗します。中山は合わないみたいですもんね。皐月賞をパスしてダービーに向かったのは吉とでるんじゃないかと思います。

 この3頭のレースになります。

 

 追伸、目黒記念はケンします。ダービーだけで一杯一杯になりました。ご馳走様でした。

 

JUGEMテーマ:競馬

葵ステークス2020は予想しません(笑)

 ども、100workerです。

 日本ダービーですね。祭りですね。ワクワクしますね。

 勝つ馬を教えてください😃

 

 さて、その前に土曜日の競馬を、、、っと、そそられるレースないかも。。。

 葵ステークス(重賞)というレースがありますけど、3歳馬の短距離レースなんて、わからないですぅ〜

 予想という予想はしません。というかできません。ということを書いておきます。

 ひょっとしたら、私の予想を待っている方がおられるかもしれないので(いません笑)。

 

 京都芝1200なので、内・前有利なんでしょ、どうせ?!

 みたいな安易な考えで、枠連1−1とワイド1−2だけ買っておこうかな〜とかそんな適当な感じです。

 

 明日は、ボーッと日本ダービーのことを考える一日になるでしょう。

 

JUGEMテーマ:競馬

芝レース限定のランキング2020(5/24日まで)

 ども、100workerです。

 緊急事態宣言解除されましたね!

 でも、まだ新規感染者が毎日出ているわけで、油断はできません。

 慎重に過ごしていこうと思っています。

 

 さて、ダービー週間も中間まできました。推し馬は決まりましたか?

 私は、シルクレーシングのあの馬ですかね〜(^^)

 もう少し悩みます。

 

 では、いつもの芝レース限定のランキングを貼っていきます。

 

1.騎手編

 

 総合ランキングでは、ルメール様が川田騎手を逆転し首位に躍り出たようですが、芝レース限定ではまだかろうじて川田騎手が首位を守っています。

 ルメール様は4勝の猛追。ダービーウイークに逆転になるかも?!

 池添謙一騎手は空家状態の京都で固め打ちに成功の4勝です。

 こーへー界のニューヒーロー松山弘平騎手は、デアリングタクトを63年ぶりの無敗の牝馬二冠馬にエスコートしました。ミルコ・デムーロ騎手を逆転し5位浮上です。

 

 今週は、ダミアン・レーン騎手か?福永祐一騎手か?

 

2.調教師編

 

 友道厩舎は1勝で首位をキープ。しかし、堀厩舎も追い上げてきています。

 堀厩舎は、皐月賞2着のサリオスで日本ダービーに挑みます。

 

3.馬主編

 

 シルクレーシングは未勝利でしたね。首位固めとはいかず、2勝をあげたサンデーレーシングやゴドルフィンが追い上げてきています。日本ダービーには、サリオスがスタンバイしています。

 

4.生産者編

 

 ノーザンファームは流石の7勝。

 社台ファームは2−7−5−33ですか、、、勝ち切れないですね。。。

 

5.外厩編

 

 ノーザンファーム陣営の「しがらき」と「天栄」は変わらず好調です。

 日本ダービーは在厩調整の馬が多いイメージがありますが、どうなんでしょ?

 

 いざ、日本ダービー!!

 鼻息荒くいきましょう(笑)

 

JUGEMテーマ:競馬

オークス2020の反省会(汗)

 ども、100workerです。

 

 無敗の牝馬二冠馬が誕生しましたね。

 デアリングタクト、松山弘平騎手、そして関係者のみなさま、おめでとうございます。

 ちょっと後ろだな、、、うっ前が壁になりそうだ、、、わーーーーー!!

 あそこから差し切るデアリングタクトの強さと、前が開くのをジッと待って勝機を掴んだ松山弘平騎手の度胸に感心しました。

 

 ノーザンファーム陣営は、4着のリアアメリアが最先着でした。G1でこんなことって珍しいですね。

 何か時代が変わろうとしているのかもしれません。

 掲示板に外人騎手の名前が無いのも珍しいですよね。

 

 平成生まれでG1を勝った騎手は、長く松山弘平騎手ただ一人でした(皐月賞のアルアイン)。

 それが、令和になり、今年の高松宮記念で松若風馬騎手がG1ジョッキーの仲間入りをしました。

 その後、桜花賞、オークスと松山弘平騎手が連勝です。何か変わり始めています。

 

 そして、芝中長距離のG1では絶対的な強さを誇っていたノーザンファーム陣営が馬券に絡めませんでした。

 1着のデアリングタクトは、岡田牧雄氏の御子息岡田将一氏が代表を務めるノルマンディーサラブレッドクラブの所有馬です。

 そして、2着ウインマリリン、3着ウインマイティーは岡田牧雄氏の兄岡田繁幸氏が率いるビッグレッドグループ、いやマイネル軍団の馬です。つまり、オークスは岡田軍団のワンツースリーでした。桜花賞も1着、3着が岡田軍団でした。。。

 

 ノーザンファーム陣営の独走に待ったをかけようと、他陣営も頑張ってるんですね。競馬界、まだまだ盛り上がりますね。

 馬券は外しましたが、デアリングタクトと松山弘平騎手のフレッシュなコンビの素晴らしいレースに感動し、進化し続ける競馬の楽しさにワクワクが止まりません。来週は、競馬の祭典日本ダービーですね。競馬ファンの一人として、しっかり楽しみたいと思います。

 

 、、、って全然、反省してないわ〜(笑)

 

JUGEMテーマ:競馬

優駿牝馬(オークス)2020を予想してみました。

 珍しい光景です。

 ノーザンファーム陣営の馬が4頭しかいません!!

 こんなことなら、レシステンシアこっちでもよかったのでは??スカイグルーヴがフローラステークスでミスったのが誤算だったのでしょうか。。。いや、この4頭で戦えると踏んだんでしょ!もしくは、デーやんには勝てないと見切りをつけたか。。。(汗)

 

<オークス>

 

◎4デアリングタクト

○2クラヴァシュドール

▲18サンクテュエール

△1デゼル、17マルターズディオサ

 

 こっそり書きますけど、私、100workerの本名は「こーへー」です。

 なので、こーへーは好きなんです。

 こーへー界のスーパースターと言えば、体操の内村航平選手ですね。でも、内村選手をしのぐスーパースターがいます。そう、松山弘平騎手です。デアリングタクトは、元々オークス向きだと考えられていたとか。杉山調教師がどうしてもと言うので、桜花賞を使ったら圧勝したとか。。。今回は最初からのターゲットのオークスで、4番枠ですしね。本命でしょ。

 

 本命の座は桜花賞馬に譲るとしても、対抗はノーザンファーム陣営から出したかったんです。私、ノーザンファーム教の信者なので(笑)でも、、、ルメール様のサンクテュエールが大外18番枠に入ったのを見て目眩がしましたね。。。もうワンランク下げます。

 、、、と言うわけで、対抗はクラヴァシュドールです。彼女は、昨秋、牝馬限定のアルテミスステークスではなく、牡牝混合のサウジアラビアカップに出走しました。そして、直線鋭く伸びて、あのサリオスを交わしそうでした。交わせなかったけど。。。強かよ〜

 

 それでも、ルメール様が騎乗するサンクテュエールはこれ以上、下には見れません。ノーザンファーム陣営がエースパイロットを乗せる馬ですから。良馬場の東京で巻き返しますよ!!

 

 新星デゼルの前走は衝撃的でしたね。ほぼ最後方からレースを進め、直線だけで全部差し切りましたからね。上がり3ハロン32.5秒?!何それ(汗)間違いなく力はあります。でもね、、、東京2400mに伸びますし、この世代のど真ん中を競ってきた娘たちと初対決でしょ。にわかには信じれません。1番枠に入りましたから、白帽子のディープですから、すっぱり切るわけにはいかなくなりましたけど、重い印は付けません。

 

 マルターズディオサは、この世代のど真ん中でトップクラスで競ってきた1頭です。13番人気って??意味わかんないんですけど。。。17番枠と田辺騎手というのが下げ材料になってしまいますけど、頑張って欲しいです。

 

 桜花賞3着のスマイルカナの宣言逃げ。外からマルターズディオサも出していけるか?ルメール様のサンクテュエールはそれを見ながら外からじわっと前へ?いい位置取れるか?!先週は、大外枠からの発走でうまいこと先行し2着にサウンドキアラを残しました。こーへー界のニュースター松山弘平騎手。オークスは絶好の4番枠からの発走です。Gallopの誌上パドック見ましたか?すごい体でしたよデアリングタクト。どこからでも勝つと思います。2冠達成するでしょ。

 

 無敗の2冠馬の誕生を楽しみにしてます。

 がんばれデアリングタクトちゃん!

 がんばれ!こーへー!!

 

JUGEMテーマ:競馬

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.