長い物には巻かれよ

100workerの競馬自習室ブログ
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
菊花賞を予想してみました。

 ノームコア強かったですね〜

 骨折明け、道悪、斤量などをものともせず。

 ルメール様の手綱さばきも流石でしたね。脱帽です。

 そして、スミヨン騎手。何年かぶりの日本で、今日はこのレース1本。それなのに、2着にもってきました。

 いい馬が集まるでしょうし、要注目です。

 

 菊花賞も獲るぞ!

 鼻息荒くなってます。100workerです。

 

 菊花賞の予想(願望?)書いてみます。

 

 ずいぶん前から悩んでいます。

 なぜルメール様はニシノデイジーに乗るんだろう??って。

 西山オーナーのブログなんかも読みましたので、オーナーサイドの事情はなんとなくわかりました。

 じゃ、なぜルメール様が引き受けたのか??

 ノーザンファーム陣営のヒシゲッコウに乗ると思ってたのにな〜??

 勝手な憶測(大外れかも汗)ですけど、ノーザンファーム陣営としては、ヴェロックスでいけると思ってるのでは。そしてヴェロックスには川田さんがいる。ルメール様には、菊花賞はよそで乗っていいよ〜って言ったのかな?

 

 なので、◎はヴェロックスにします。同世代の厳しいところで戦ってきた馬で、力は一番上です。川田さんはG1を一年以上勝てていませんので、それが不安っちゃあ不安。いや、むしろ、そろそろ勝つと思えばいいのか(それでスプリンターズステークスはダメでしたが、、、)。

 

 ノーザンファーム陣営の中では、スミヨンさんを配したヒシゲッコウも上位に食い込んでくるはず。

 神戸新聞杯では、後方から最後に3着に突っ込んできたワールドプレミアよりも、サートゥルナーリア、ヴェロックスに挑んで善戦したレッドジェニアルの方が強いと思いました。

 

 そして、セントライト記念で2着に突っ込んできて穴を開けたサトノルークス。春のクラシック戦線で走っていた経験が活きるのでは。

 

 ルメール様が引き受けたニシノデイジーは超絶鞍上強化です。勝浦さんで重賞2勝した馬ですよ。ルメール様が乗ったらどんな走りをするのか、楽しみでもあります。

 

◎ヴェロックス(川田)

○ニシノデイジー(ルメール)

▲ヒシゲッコウ(スミヨン)

△レッドジェニアル(酒井)、サトノルークス(福永)

 

 レッドジェニアルはノーザンファーム陣営ではなく、鞍上もランキング上位の騎手ではないので、どうだろうかとは思いましたが、神戸新聞杯の積極的な騎乗ぶりが記憶に新しくて、この大舞台でどこまで開き直って乗れるか酒井学騎手も応援したいです。

 

 馬場も回復しますように。

 GOOD LUCK(^^)

 

JUGEMテーマ:競馬

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.