長い物には巻かれよ

100workerの競馬自習室ブログ
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スプリンターズステークスを予想してみました。

 昨日はラグビーワールドカップ、日本VSアイルランドに釘付けでした。

 格上のアイルランドを相手に粘りに粘り、相手が根負けした感じでしたね。

 素晴らしい試合でした。ありがとうございました。

 こんにちは、100workerです。

 

 さあ、秋のG1シリーズ開幕ですね。

 第一弾、スプリンターズステークスを予想してみました。

 

 ◎ダノンスマッシュ

 ○リナーテ

 ▲タワーオブロンドン

 △ディアンドル、イベリス

 ×アレスバローズ、モズスーパーフレア、ミスターメロディ

 

 スプリント戦は、ノーザンファーム陣営の主戦場ではありませんが、中央競馬はノーザンファーム様抜きには語れません。

 このレース、ノーザンファーム陣営は3頭出走。リナーテ、ディアンドル、ミスターメロディです。でも登録段階では、他にもステルヴィオとグランアレグリアちゃんがいました。グランアレグリアちゃんの鞍上にはルメール様を配していました。その影響でか、ゴドルフィン陣営のタワーオブロンドンはセントゥルステークスでサマーチャンピオンを狙いに行きました。そこまでならルメール様が確保できるからです。見事、サマーチャンピオンになりました。その後、グランアレグリアちゃんは出走回避。。。ルメール様はタワーオブロンドンに戻って来ました。

 これってノーザンファーム様、計画的回避では??(汗)

 この駆け引きで、タワーオブロンドンは1回仕上げました。レコードの激走でした。疲れは??大丈夫??

 じゃあ、ノーザンファーム陣営は何のためにこんな駆け引きをしたのでしょうか?自陣営の馬のためだとすると、前述の3頭のどれかに色気がある。ということで、3頭のうち少なくともどれか1頭は来るでしょう。デビューからスプリントにこだわってきたディアンドルか?春のスプリント王ミスターメロディか?それともサトノダイヤモンドの妹リナーテか?

 私はリナーテを最上位にとりました。今回、ユタカさんから三浦皇成くんへの乗り替わりですが、これがプラスに働くと思います。ユタカさんは、残念ながらもう全盛期の輝きはありません。ためて、ためて、前の方でレースが終わった頃に着拾いに突っ込んでくるような乗り方が目立ちます。それで勝てるほど甘くないでしょう。意外にG1未勝利の三浦皇成くんなら位置をとりにいって、逃げ先行勢をきっちり差すような競馬をしてくれるのでは。

 でも、三浦皇成くんの前にはダノンスマッシュと川田さんがいるんです。川田さんはもう1年もG1勝利から遠ざかっています。昨年のスプリンターズステークスが最後なんです。こんなに活躍してるのに、G1では2着3着が多いんですよね。前にはルメール様がいるから。。。ダノンスマッシュはケイアイファーム陣営ですけど、馬主のダノックスさんはノーザンファーム様にとっても大事なお客様。ここは忖度してもいいのでは??(笑)

 タワーオブロンドンはルメール様ですし、前走で強さはわかってますけど、前述のようにちょっと調整を狂わされた気がしていて。。。それでも馬の力と騎手の腕、それからゴドルフィン陣営の勢いがありますからね。。。侮れないけど、ダノンを上にとりますという印です。

 ディアンドルは、ノーザンファーム陣営にしては珍しくデビュー以来スプリントオンリーで連対率100%できています。スペシャリストと見ているのでしょう。侮れませんが、ここは先輩のリナーテを上に見ました。ディアンドルにはまだ来年以降もありますから。

 イベリス。今、勢いのあるノースヒルズ陣営です。ずっと浜中さんが乗ってますし、前走で控えるレースもできましたから、ヒモで押さえたい魅力があります。枠がよくないので、押さえまで。

 ファンタジストは、前走、ユタカさんから解放されて和田さんが新味を引き出したかと思ったら、またユタカさんに戻してきました。大外枠ですし、無印です。

 

 どう買いましょう。

 ◎○の馬連勝負。◎ー○▲ー印の三連複フォメ。あと決め打ちの三連単をポツポツお楽しみで。

 

 川田さんとルメール様の火花散る攻防を楽しみにしています。

 

JUGEMテーマ:競馬

コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.