長い物には巻かれよ

100workerの競馬自習室ブログ
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
馬券検討の再構築について

 ども、100workerです。

 4連休が始まりましたね。GoToには乗り遅れましたので、自宅周辺で過ごすことになりそうです。

 今日は、中三の次男のテニスの最後の試合でした。結構頑張ってきて、上の大会にどこまで上がれるか楽しみにしていましたが、そういう大会は一切中止になり、市内の中学校との練習試合だけで引退となりました。ほんーっとコロナのやつ許せん(怒)

 でも、これで高三の長男も次男も部活動を引退したので、週末に試合を観に行く事はなくなります。受験生二人体制ですから、家族サービス的なものもそんなにしなくて良いできなくなるので、おっさんは競馬でもしておくしかないですね(笑)

 これから半年くらいのチャンスタイムの間に馬券検討を再構築し、進化させておきたいと思っています。

 

 もう20年以上は競馬をやっていますけど、そのほとんどの期間は目についた情報に飛びつきながら、良さげな馬を買っていただけでした。馬券検討に一貫性がないもんだから、常に外れる方、外れる方に向かっていたような気が・・・もうやめようと思ったことも何度もありました。でも、やめれないんですよね(汗)直近の2回の引退の危機は職場の先輩のエージさんに救って(?)もらいました。

 

 どうせ辞めれないなら、徹底的にやってやろうじゃないか!!

 

 そういうわけで、1年くらい前にブログ「長い物には巻かれよ」を始めたのです。

 「長い物には巻かれよ」には非公開のホームページもありまして、そこで毎週、データの更新をしています。芝レース限定のランキングだとか、自家製の競馬新聞だとか。。。

 

 まあ、それなりに大変なルーチンワークですよ。毎週毎週ですからね。

 飲み会があろうが、子供の試合があろうが、自分のマラソン大会があろうが・・・

 よく続いているなと自分でも感心します。

 

 が、しかし!!

 

 馬券収支はようやく100%前後に落ち着いてきた程度です。悲惨だった以前に比べればかなりの改善ですけど、でも、これだけの時間をかけて徹底的にやってるつもりにしては物足りないですね。

 

 せっかく、1年以上かけて続けてきた、蓄積してきた長い物には巻かれよ的(以下、「長巻き的」)データがあるんだから、もっとこれを活用して馬券検討を再構築しようじゃないか!

 

 夏競馬の開始とともに、馬券検討のスタイルを一新しました。

 

 これまでは、PDF版の長巻き新聞をiPad miniへ転送し、Apple Pencilを使って、ひとレースひとレース、チェックしていました。このメンバーの中でどの馬が勝てそうかな〜どの馬が馬券になりそうかな〜。。。

 

 今は、targetからアウトプットした出馬表分析シートをMacBook AirやiPad miniへ転送し、Apple製の表計算ソフトNumbersで眺めるスタイルになっています。Apple製品は、デバイス間のデータのやり取りがかなり楽です。iCloudやAirdrop。MacBook Airでの作業をそのままiPad miniで再開できます。

 もちろん、閃いた馬については、これまでどおり、長巻き新聞へチェックを入れるんですけどね。長巻き新聞を眺める時間はかなり減ったと思われます。

 

 じゃあ、出馬表分析シートで何を見てるんだ??って話ですけど。

 

 毎週毎週、芝レース限定のランキングを見続けた結果分かったことがあります。

 騎手編、調教師編、馬主編、生産者編、そして外厩編。どれをとってみても同一週に複数勝利をあげれる方ってのは、かなり限られているってことです。騎手編でいくとルメール騎手、川田騎手を始めとした上位陣。調教師編では同一週に複数勝利をあげれる方は一人、二人いるかどうかってレベルで勝ち星がばらつきます。馬主編ではノーザンファーム系や社台ファーム系、マイネル軍団系のクラブや何人かの大物馬主さんとか。生産者編でいくとノーザンファームが10勝前後、社台ファームが5勝前後、あとは1勝あげれるかどうか。。。外厩編も同じですね。ノーザンファーム系の外厩と社台ファーム系の外厩を除けば、同一週に複数勝利をあげるのは珍しい。1年以上見てますとだいたいそんな傾向です。つまり、中央競馬の芝レースでは、誰もが週に1勝をあげれるかどうかという勝負をしているようなのです。知らんけど。

 

 じゃあ、ある騎手のその週の騎乗馬を並べてみた時に、1つ勝てるとしたらどれなの?って見方はどうだろう。

 ある調教師でもいいや。ある馬主でも、ある生産者でも、ある外厩でも。。。

 

 出馬表分析シートを使って、ランキング上位者の上から順に抽出をかけて見ていくんです。

 で、閃いた馬名のセルを着色していく。。。

 最後に全頭をレース順・馬番順に並べ替えてみると・・・わ、そのレースの馬券になりそうな馬が見えてくるやん!!

 そうすると、そのレースの上位人気の馬に着色がなかったりします。なぜなら、その馬に騎乗するジョッキーが色気を持ってる馬は他のレースにいるから( ・∇・)色が付いていないってことは、調教師さんにとっても、馬主さんにとっても、生産者さん、外厩にとってもその馬よりも他に色気を持っている馬がいるってことなんですもの。

 ちょっと実例を出してみます。

 先週の岩田望来騎手の芝レースの騎乗馬一覧です。

 土曜日の時点で、12Rのアーデンフォレストにだけ着色があるの、わかります?

 これって、岩田望来騎手の一覧を見ただけじゃピックアップできなかったんですけど、藤原英昭厩舎一覧で見たときに、お、藤原先生、今週勝つとしたらこの馬しかいないのでは??って思ったんです。

 中京記念のディメンシオンにも着色してますけど、まあ、このレースは荒れそうだったんでちょっと注意かな〜というつもりで色つけた感じでした。

 

 この週の藤原先生は上位騎手は確保できませんでしたが、弟子の岩田望来騎手をノーザンファーム陣営のアーデンフォレストに乗せてきました。ちょっといいんじゃない?

 

 12Rには福永騎手(3番人気)、川田騎手(1番人気)、北村友一騎手(2番人気)の馬もいましたけど、彼らはすでにこの日、一つ勝っていましたからね。馬券にもたくさん絡んで来てました。ここは藤原厩舎の岩田望来騎手、しがらき仕上げのノーザンファーム陣営馬に託してもいいのではと。

 

 アーデンフォレスト1頭軸で福永、川田、北村友一、松山弘平流しで馬連・三連複も考えましたけど、単勝一本でいきました。

 わーお、馬単でも三連単でも当たってたじゃん!!

 な〜んて欲を張ってはいけません(強がり)。

 岩田望来騎手ありがとう。藤原先生ありがとう(笑)

 

 こんな感じで、各レースを点で見るのではなく、線や面で見れたら面白いんじゃないかと。

 今頃気づいたのかよ!!ってツッコミも聞こえてきますけど、ようやく気づいたんですもん。いいじゃないですか(笑)

 スポーツ新聞めくっても、競馬専門誌めくっても、レース単位での馬柱で予想するのが一般的ですよね。なかなか線でみるというのは難しかった。でも、ITの発達した現代では、いろんなデータが簡単に入手でき、加工でき、出力できる。いろんなアプローチができる。

 

 調子に乗って、日曜日に挑んだら、大荒れでコテンパンにやられましたけどね(涙)

 それに、こんなこと調子こいてひけらかしてたら、その後さっぱりなんてこともよくあります。

 でも、100workerはしばらくこのスタイルでやっていこうと決心しましたので、心の整理もかねて書いてみました。

 

 いつも素晴らしい見識を示してくださるiimuraさんの作品で、「当日一覧ビューワ」ってのがあるんですけど、これが秀逸でして、PCはもちろん、スマホやタブレットでも簡単に出馬表分析ができるんです。動作も機敏で気持ちいいし、並び替えや抽出も思いのまま。

 私もこれを使わせてもらえばいいんですけど、せっかく自分で色分けしながらtargetでデータ整理しているので、そこから出力したデータを表計算ソフトでいじるやり方をしています。でも、ちょっとまどろっこしいので、iPad miniで動くアプリを開発しようとしています。

 えっ?どこまでできてるの?って?

 ふふふ。

 今、「iPhoneアプリの作り方」って本を読んでいるところですよ(笑)

 

 いつになるかわかりませんが、せっかくMacBook Airを購入したので、自分のためのアプリを作れたらいいな〜って思ってます。

 アプリが完成して、馬券がバンバン的中した暁には、またここで披露させてもらいますね。

 

 競馬は記憶のゲームって言われます。

 全部のレースのリプレイを何回も見て、気づいたことをメモっていけば、おいしい馬券にありつけそうなことはわかっています。でも、普通のサラリーマンですからね。なかなかそんなわけにはいかない。馬券を外しまくった週の日曜の夜には、よくこのことを考えて「そこまでできないなら、辞めた方がいいのでは?」と落ち込むことがあります。でも、いいじゃないですか。そこまでできなくても、競馬やりたいじゃないですか。

 愛読させてもらっている「大きい馬券好きの競馬予想メモ」というブログで、それでもいいんだよ!って記事があって救われました。いいんです!

 

 限られた時間、お小遣いの中で、競馬を楽しんでいけるように、自分なりの馬券検討スタイルを構築できたらいいですよね。

 

 4連休初日の夜に、ちょっと時間をかけて書いてみました。

 最後まで読んでくださる方は、かなり少ないとは思いますが、お時間をいただきありがとうございました。

 

 今週からは札幌、新潟の2場開催という珍しい状況ですけど、真っ向勝負で楽しんでいきたいと思います。

 

 では、また週末。

 

JUGEMテーマ:競馬

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.