長い物には巻かれよ

100workerの競馬自習室ブログ
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
芝レース限定のランキング(6/28まで)

 ども、100workerです。

 宝塚記念は完敗でした( ;∀;)

 頼みのルメール様とサートゥルナーリアが4着ではどうにもなりません。

 クロノジェネシスもキセキも強かったですね。ああいう馬連で勝負できるような人になりたいです。

 この春はルメール様と心中しました。ルメール様らしい凄みのある騎乗は影をひそめていたような気がします。それとも、衰えなのでしょうか??「ルメール様」とお呼びし、絶対臣従してきたのはよくなかったなと反省しています。

 ぶれずに勝負をすると言うのは大事なことだとは思いますが、状況の変化に対して柔軟でなかったことは大きな敗因だったなと。

 なかなか難しいですが、状況の変化に対してもっと柔軟な対応力を磨きたいです。

 

 さて、春競馬は終了し、夏競馬が始まります。一つの区切りですね。

 JRAは、9月11日から芝馬場のクッション値を発表するようです。クレッグハンマーという機器を使って計測したデータを公表するそうです。ガラパゴス馬場と呼ばれ批判が多いことに対する対応なのかな?!これは、秋競馬からの話ですけど、こういう変化や新しい情報にアンテナを張っておきたいです。

 

 では、いつもの、芝レース限定のランキングを貼っていきます。

 

1.騎手編

 

 ルメール騎手、1−3−3−2と馬券圏内率は相変わらず高いものの勝ち切れない状況で、川田騎手に追いつけそうで追いつけない。重賞レースでの頼もしさも影をひそめている感じで、本調子ではないですね。

 横山武史騎手は函館で4勝と大暴れ。

 北村友一騎手は3勝で、クロノジェネシスでの宝塚記念制覇はお見事でした。ようやくノーザンファーム陣営の期待に応えつつあります。これから一気にトップジョッキーの座を確固たるものにしていく可能性が高いですね。

 松山弘平騎手、池添騎手、勝浦騎手そして亀田騎手が2勝でした。

 注目は、54位の戸崎騎手です。落馬負傷からの復帰から徐々に調子をあげてきていて、もうここまでランクを上げてきました。勝率20.8%ってすごいですよ。20%を超えている騎手は、期間限定の外人騎手を除けば、他には川田騎手、ルメール騎手しかいません。騎手が手薄な関東所属とは言え、この数字を残せるのはすごいです。過去の禍根は水に流し(笑)戸崎騎手にも注目します。

 

2.調教師編

 

 西村真幸厩舎、池江泰寿厩舎そして相沢郁厩舎は2勝です。

 武幸四郎厩舎は3勝をあげ、55位まで一気にランクアップしてきました。

 

3.馬主編

 

 ノーザンファーム系クラブでは、サンデーレーシングがひとり気を吐く感じでしたね。吉田勝己氏の個人名義でも3勝ですか。

 

4.生産者編

 

 まあ、そうなりますよね(^^;)

 

5.外厩編

 

 だから、もうわかりましたって。。。

 毎週毎週わかってるはずなのに、勝てないのはなぜなんだろう??(笑)

 

 夏競馬になって傾向が変わるでしょうか?

 昨年は、夏競馬限定ランキングも作成していましたが、今年は、このまま通年ランキングでいこうと思っています。

 

 では、大雨に注意しながら、今日も元気にいきましょう(^^)/

 

 

JUGEMテーマ:競馬

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.