長い物には巻かれよ

100workerの競馬自習室ブログ
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ヴィクトリアマイル2020を予想してみました。

 ども、100workerです。

 昨日の京王杯スプリングカップは、軽視した8枠2頭にワン・ツーを決められ、かすりもせず撃沈しました。今回乗り替わりになったダノンスマッシュに追いすがる、川田騎手の姿がなんか切なかったです。

 

 さて、ヴィクトリアマイルの予想に参ります。

 

<ヴィクトリアマイル>

 4歳対5歳の構図に見えます。

 5歳軍は、アーモンドアイ、プリモシーン、スカーレットカラー、ノームコア、サウンドキアラ。

 4歳軍は、ラヴズオンリーユー、コントラチェックたん、ビーチサンバ、ダノンファンタジー、シゲルピンクダイヤ。


 人馬の絆、騎手と陣営の絆、という点でアーモンドアイに勝る馬はいないのでは?ルメール様は、コロナが流行し始めリスクの高い状況でアーモンドアイとのドバイ遠征を選択しました。その結果、長期に渡って競馬に乗れない事態になりました。でも、ルメール様にとって、アーモンドアイは他に代えられない存在なんです。

 このコンビを信じないでどうする!

 なぜ安田記念じゃないのか??この春もう一つ勝つためでしょ。安田記念→宝塚記念は中二週。ヴィクトリアマイル→宝塚記念は中五週。はい。ちまたで言われている7冠じゃなくて、その先の8冠まで獲りにいく。ルメール様頼みます!!

 

 昨年の2着馬プリモシーンは、レーン騎手を確保できましたし、前走も前哨戦らしくちょっと負けていい感じでした。アーモンドアイより内側の枠も当たりましたから、内で脚を溜めれればゴール前確実に伸びてくるはず。昨年のノームコアとの差は、枠順と騎手の差で逆転できるのでは。

 

 ノームコア、昨年の覇者ですよ?!なんでこんなに人気がないの??とは言え、本来のパートナーであるルメール様がアーモンドアイに乗るのは仕方ないにしても、昨年のパートナーのレーン騎手がプリモシーンというのは謎すぎる??前走の雨馬場の高松宮記念からの距離延長&良馬場は条件好転だと思うので、横山典弘騎手が2走目でノームコアをしっかり操縦できれば。

 

 サウンドキアラは、昨年のこのレースで、道中プリモシーンとほぼ同じ後方のポジションで進み、最後、置いて行かれました。しかし、その後の急成長は、今年の重賞3連勝を見ても疑う余地はありません。ただ、重賞3連勝の時は、欲しい枠にズバリ入ったんですね。それが、今回は有利とは言えない大外18番枠。ちょっと流れが変わるかも?松山弘平騎手は、来週のオークスでデアリングタクトと牝馬2冠へ挑みます。それを踏まえても、ここは無理しないでいいでしょ。


 ミルコ・デムーロ騎手とラヴズオンリーユーは、いい枠が当たりましたね。白帽子のディープですからね。軽視できなくなりました。先週ラウダシオンで強気の前々の競馬で勝ちましたから、もう一丁って感じでしょうね。でも、先週とは違うペースになりそうですよ。

 

 ダノンファンタジーは、昨年春までは世代牝馬トップの評価を受けていた馬です。オークス馬ラヴズオンリーユーにその座を奪われた格好ですが、距離短縮で復活あるかも。リーディングを独走しながら、大きいところではなかなか勝てない川田騎手としても胸に秘めた想いがあるでしょう。内枠のディープですから、先行して馬場のいい内側でロスなく運べれば粘り込みありますよ。

 

◎12アーモンドアイ

◯5プリモシーン

▲16ノームコア

△1ラヴズオンリーユー、7ダノンファンタジー

 

 昨年1着のノームコアと2着のプリモシーンの着差はクビ。ノームコアはレーン騎手。プリモシーンは福永騎手。

 今年は、ノームコアは横山典弘騎手、プリモシーンはレーン騎手。

 昨年と着順入れ替わるかも。そして、その前には昨年いなかったアーモンドアイが。。。

 

 土日で騎手の顔ぶれが変わりませんから、みんな昨日の京王杯スプリングカップの呪縛に囚われるんじゃないでしょうか。先週のNHKマイルカップの記憶もまだ新しいですよね。

 それに加えて、絶対逃げたいユタカ騎手が8枠17番から出ていきます。先週のNHKマイルカップでレシステンシアに乗せてもらえなかった悔しさがありますからね。同じ脚質のコントラチェックたんで、よしっやってたるという気持ちだと思います。その後ろからトロワゼトワルが追います。レースはしっかり流れていくはず。昨年アエロリットがガチ逃げして刻んだハイペースになれば、さすがに前に行った馬は苦しくなると思います。

 先団後ろで脚を溜めた馬の直線差し比べ。

 アーモンドアイ、プリモシーン、ノームコアーーーー。

 

 知らんけど(笑)

 

JUGEMテーマ:

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.