長い物には巻かれよ

100workerの競馬自習室ブログ
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
皐月賞2020を予想してみました。

 ども、100workerです。

 昨日のアーリントンカップは、本命のノルカソルカが最下位に沈みました(汗)

 最終週の雨馬場で逃げ馬を本命にするとか、センス無さすぎでした。幸騎手を狙うのは開催替わりの来週でしたね。

 

 さて、気を取り直して皐月賞!といきたいところですが、各競馬場ありえないくらい含水率が高いですね。昨日、中山競馬場では75ミリも降ってますからね。ズッチャンズッチャンになってますね。今日は降らないみたいなので、どこまで回復するか??発表よりも重めにみておいたほうがいいかもですね。

 

<皐月賞>

 川田騎手は、デビュー以来3連勝中の相棒レクセランスとの皐月賞に来ませんでした。今週は阪神を選択。それって、レクセランスはその程度って言ってます??本当のところはわかりませんけど、世間では「期待薄の皐月賞より、阪神居残りでリーディング固め?」とか噂されていますよ。それにしては、昨日中山で5勝のルメール様に対して、阪神で2勝ですか、、、今日もありますけど。

 これってどうなんでしょうね。関係者からすると、レクセランスに乗って欲しかったのでは?G1ですからね。みんな期待してワクワクして愛馬を送り出すわけですよね。「えっ川田さん乗ってくれないの??」ってならないのかなぁ。ちょっと前に、同じような行動をしてて逆に成績が下がっていった騎手を知っているだけに、ちょっと心配です。

 

 中山競馬場の含水率は、今朝の測定値でゴール前15.1%、4コーナー14.2%と発表されています。今年の中山競馬場は10〜12%くらいで開催されていますから、その高さがわかります。月曜日に66ミリ、土曜日に75ミリの降雨があってますからね。吹雪の中でコントラチェックたんが最下位に沈んだ中山牝馬ステークスの日で23.5ミリ。大雪で開催が延期された日で50ミリです。田植え前の田んぼか?!くらいになってるのでは(なっていない)。

 

 難しいですね〜

 ただ、一つわかっているのは、3強の馬券は突出して売れているってこと。配当が全然つかない状態です。

 1番人気のコントレイル、2番人気のサトノフラッグ、3番人気のサリオス。1頭はエイって切ることにします。

 1番人気のコントレイル、良馬場なら最高の枠に入った感じなんですけど、この馬場では、スタートから思い切って出していくか、一番後ろまで下げてしまうかくらい極端なことしないと、内に閉じ込められて馬場の悪いところをずーっと通らされてしまう。泥んこですよ。かわいそうに。

 

 6頭出走のノーザンファーム陣営に対して、ノースヒルズ陣営は4頭。なんと、社台ファーム陣営は出走無しです。ゴドルフィン陣営1頭に、マイネル軍団1頭。

 ノースヒルズ陣営のエース、コントレイルは暮れのホープフルステークスからの直行。昨年、ノーザンファーム陣営のサートゥルナーリアが勝ちました。ノースヒルズ陣営がトレースできるか?!それとも、ここを叩いてダービーが狙いか?!

 

◎7サリオス

○5サトノフラッグ

▲11クリスタルブラック

△13ダーリントンホール、17ヴェルトライゼンデ

×2、3、16

 

 本命サリオスでいきます。

 過去走のリプレイを見終えると、一瞬、それほど強く感じないんです。でも、時計をみてびっくり。「そんなに速く走ってたんだ!!」スーパーカーが余裕たっぷりに走ってるような感じでしょうか。デビュー以来、3戦ともマイルを使われてたことが不安視されているのか、3番人気に甘んじています。チャンスでしょ!!鞍上のレーン騎手は、この馬に乗るために、特別に許可をもらって来日しました。そして、14日間の待機期間を我慢して皐月賞をむかえます。ダミアンがやってくれるでしょう!

 

 ○サトノフラッグはルメール様が乗ります。ルメール様もコロナ禍に巻き込まれました。ドバイでアーモンドアイに乗るために、ドバイへ早めに渡航したのが裏目に出てドバイ中止→帰国→14日間待機。ずっと乗れませんでしたからその間の勝ち星をずいぶん損しました。でも、悔いはないと思います。アーモンドアイ陣営。国枝厩舎はサトノフラッグを最高の状態に仕上げ、ルメール様と皐月賞に挑みます。

 

 ▲クリスタルブラックは、馬場が悪くなったこともあり、人気を集めているようです。馬券的な妙味は減りましたが、桜花賞でのデアリングタクトを想起させるような馬柱(マイナー路線からの参戦、デビュー3戦目、大陣営所属じゃないなど)は魅力ありますね〜。吉田豊騎手が腹くくって乗って、それがはまる展開になれば。

 

 今週も競馬を楽しめることに感謝、感謝です。

 

JUGEMテーマ:競馬

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.