長い物には巻かれよ

100workerの競馬自習室ブログ
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
大阪杯2020を予想してみました。

 ども、100workerです。

 ダービー卿チャレンジトロフィー、◎クルーガーやりました!!\(^o^)/

 本命・対抗の間に、無印の馬にハナ差割り込まれてしまい大勝利は逃しましたが、鮮やかな勝利に痺れました!

 プリモシーンはいい具合に負けてくれましたので、次のヴィクトリアマイルが楽しみですし、横山典弘騎手もマイスタイルで頑張り過ぎませんでしたから、明日の大阪杯に向けて力は十分残ってます(笑)

 

 では、大阪杯、、、です。

 

<大阪杯>

 12頭立てですか、集まりませんでしたね。ノーザンファーム陣営8頭、社台ファーム陣営2頭、ケイアイファーム陣営1頭、ノースヒルズ陣営1頭ときれいに色分けされました。

 今年に入ってからのG3、G2を見ても、社台ファーム陣営がノーザンファーム陣営を脅かす感じはありませんね。

 ケイアイファーム陣営のロードマイウェイは、5連勝でG3を制し、今年は大きいいところを狙いたいところでしたが、今年初戦の金鯱賞で大敗。勢いを削がれてしまいましたね。ノースヒルズ陣営のカデナは生で見たんすよね、小倉大賞典。ディープ産駒ですし、贔屓にはしたいんですけど、8枠に入ってしまいましたし、ノーザンファーム陣営の厚い壁を突き破るのはなかなか難しいかと。。。

 ということで、ノーザンファーム陣営内の取捨になりますね。

 

 友道厩舎の2頭は昨秋のジャパンカップからの参戦で今年初戦。これは、次の天皇賞春あたりが狙いなのでしょうか??長いところが得意な厩舎ですしね、ディープ産駒なので怖いですけど3列目までかな。内枠のワグネリアンの方を警戒します。

 前哨戦快勝した3頭、ブラストワンピース、ダノンキングリー、クロノジェネシス。ブラストワンピースのAJCCとクロノジェネシスの京都記念は、相手が弱かったような。。。獲りにきてた社台ファーム陣営をぶった斬った感じでしたよね。

 ダノンキングリーの前走、中山記念は、少頭数とは言えG1馬が6頭揃った難しいレースでした。でも、いい練習をしながらしっかり勝ちました。

 ルメール様はコロナ禍に巻き込まれていなければダノンキングリーに乗る予定だったとか、、、つまり、そういうことです。

 鞍上には、前走から引き続きの横山典弘騎手。「本番はクリストフだよ〜」と言われていたはずなので、今回、気合が入ってるはずです。土曜日のダービー卿チャレンジトロフィーでは、大外枠のマイスタイルに騎乗しましたが、じわっと走ってじわっと終わってましたね。余力ありありです。

 中山記念2着のラッキーライラックも力があるところを見せてくれました。ミルコ・デムーロ騎手が「前から強いと思ってましたー、乗りたかったんですー」って言ってますからね。真面目に乗るはずですよ。

 あと残った2頭、どちらもディープ産駒です。2番枠のサトノソルタス藤岡康太騎手と10番枠ジナンボー藤岡佑介騎手です。兄弟騎手です。ジナンボーに乗る方の祐介騎手が長男(笑)どなたかがツイッターに書いてました。パクリです笑笑

 

◎8ダノンキングリー

○5ラッキーライラック

▲2サトノソルタス

△4ワグネリアン

 

 簡単に言えば、中山記念の1着2着から内枠のディープ産駒へ(笑)

 

 ダノンキングリーを生産した三嶋牧場さんはG1未勝利なんですね??惜しかったのは、ミッキーチャームが大逃げした秋華賞。アーモンドアイが差し切って三冠達成したレースで2着。ダノンキングリーのダービー。サートゥルナーリアが不発で、後ろを気にして仕掛けが遅れてロジャーバローズに逃げ切りを許し2着でした。

 大阪杯あたりでG1初制覇ってのはいいのでは?しかも「ノーザンファーム天栄」仕上げのノーザンファーム陣営馬ですから、陣営力としても申し分ありませんよ。

 

JUGEMテーマ:競馬

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.