長い物には巻かれよ

100workerの競馬自習室ブログ
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
金鯱賞、フィリーズレビュー2020を予想してみました。

 ども、100workerです。

 中山牝馬ステークスは吹雪の不良馬場??そんなの聞いてないっす(汗)

 馬場読みもできないようじゃ馬券は当たりませんよね。反省です。

 

 さて、明日は、金鯱賞とフィリーズレビューですね。頑張ってみます。

 馬場は回復するようです。普通に予想していいかな??(笑)

 

<金鯱賞>

◎6サートゥルナーリア

○8サトノソルタス

▲10ロードマイウェイ

△5、7

×12

 

 中距離の芝重賞はノーザンファーム陣営の独壇場です。G2、G1とクラスが上がれば上がるほどですよね。

 AJCC覚えていますか?社台ファーム陣営がルメール様を確保して必勝態勢でした。でも、不利があったブラストワンピースに軽く勝たれてしまい、ステイフーリッシュとラストドラフトは2着、3着。1着との間にはとてつもなく高い壁があるように感じました。

 さて、金鯱賞。G1レベルの馬が1頭だけ混じっています。はい、サートゥルナーリアです。昨年の皐月賞を制覇して以来のルメール様が手綱を握ります。ルメール様は、騎乗停止でダービーに乗れず、代打のレーン騎手はまだ日本に馴染めてなくてダービーは4着まででした。久しぶりにルメール様に戻って、負ける気がしません。ルメール様は、先週のチューリップ賞から重賞3連敗中です。そろそろ勝ちますよね?!しかも、来週から海外出張で、しばらく日本での騎乗はありませんから。

 

 二番手は、まあロードマイウェイなんでしょうけど、3頭いるディープ産駒のどれかが馬券に絡む気がして、その3頭から対抗を選ぶと、サトノソルタスかな〜。サトノガーネットは唯一の牝馬というのは怪しいのですが、岩田望来騎手への乗り替わりがひっかかります。これまでは矢作厩舎所属の坂井瑠星騎手が騎乗していたのに、師匠の馬ではなくフィリーズレビューのあの馬に騎乗します。ってことはそういうことでは?

 もう1頭のディープ産駒ギベオンは、社台ファーム陣営なんですよね。社台ファーム陣営の中でみると、ラストドラフトの方が上な気がして、それでそのラストドラフトはG2では苦しいレベル。ということで。

 ディープ産駒の中ではサトノソルタスを上にとりました。ノーザンファーム陣営で、今回は「しがらき」仕上げですからね。

 

 サートゥルナーリアの強い競馬に期待です。

 

<フィリーズレビュー>

◎3フェアレストアイル

○11ケープゴット

△1、14、15

 

 金鯱賞でも触れましたが、坂井瑠星騎手は重賞勝ちもあるサトノガーネットでの金鯱賞ではなく、フィリーズレビューのフェアレストアイルを選びました。内枠のディープですし、ミッキーアイルの全妹ですし、ノーザンファーム陣営ですしね。本命で。

 対抗はケープゴット。ゴドルフィン陣営で、ミルコ騎手を確保してきました。ミッドナイトファーム仕上げですし、かなり勝負がかりかと。

 ヒモには、好調松山騎手で逃げそうな1カリオストロ、ノーザンファーム天栄仕上げで三浦皇成騎手がわざわざ乗りに来るアヌラーダプラ、中内田厩舎の2頭出しマテンロウディーバの3頭を。

 

 しばらく馬券が当たっていないので、どちらか当たらないかな〜(笑)

 

JUGEMテーマ:競馬

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.