長い物には巻かれよ

100workerの競馬自習室ブログ
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
チューリップ賞2020を予想してみました。

 ども、100workerです。

 三寒四温が続いていますが、確実に春に向かっていますね。

 今週は、チューリップ賞と弥生賞(^^)

 弥生賞は、弥生賞ディープインパクト記念という長い名前になりました。そのうち、弥生賞とは呼ばれず、ディープ記念と呼ばれるようになるんでしょうか?

 

 では、長巻き予想いってみます。

 

<チューリップ賞>

 レシステンシアとスマイルカナ、逃げて重賞を勝った馬が2頭。

 スマイルカナは行きたいでしょうね。柴田大知騎手は騎乗停止なので、丹内騎手へ乗り替わりとなっています。丹内騎手もマイネル軍団の御用達騎手でちょいちょい馬券になりますから、この乗り替わりはそれほど問題ないかと。外目の10番枠なので、スタートを失敗せずに先行態勢に入れるか?!

 レシステンシアは、G1の阪神JFでハイペースで逃げて直線も後続を突き放す完勝でした。必ずしも逃げなくてもいい馬なので、スマイルカナの出方を見てになるでしょうけど、スマイルカナが遅ければ逃げるよ〜って感じで、北村友一騎手は乗りやすいでしょうね。その北村友一騎手は、阪急杯でやらかしましたね。川田騎手の進路をふさいでしまい、ゴール後、川田騎手に怒鳴られてました(汗)来週から騎乗停止ですから、レシステンシアには乗れました。ラッキーでしたね。下手に馬群の中に入ってごちゃつきたくないでしょうから、逃げるか、スマイルカナの2番手か、どちらかでしょう。

 有力馬では、ミルコ騎手を配してきたクラヴァシュドールは差し脚を活かしたいタイプ、ゴドルフィンの期待馬ウーマンズハートは、阪神JFで前目のポジションから前を捕まえきれずの4着、今回もあの速いレシステンシアがいて開幕2週目の馬場ですから、乗りにくいでしょうね。本番は次なので無理に前を追いかけるより、控えての道中の我慢とか、直線の末脚をはかるとかそういう割り切りで乗ってくるかも?!知らんけど。

 馬場が変わってくる桜花賞での評価はまだ付けられませんが、トライアルの今回は前にいく馬を中心に馬券を組み立てたいと思います。

 

◎4レシステンシア

○10スマイルカナ

▲3スマートリアン

△1クラヴァシュドール、7ウーマンズハート、13マルターズディオサ

×5チェーンオブラブ、8モズアーントモー

 

<オーシャンステークス>

 このレース、白帽子2頭以外、どれが来るかさっぱりわからんけん、ケンです(笑)

 

JUGEMテーマ:競馬

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.