長い物には巻かれよ

100workerの競馬自習室ブログ
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
中山記念、阪急杯2020を予想してみました。

 ども、100workerです。

 無観客競馬でしたが、売上げはどうだったんでしょうかね?この機会にPAT投票会員が増えているようですけど。

 そもそも、ここまでネット投票が普及していなかったら、無観客競馬という発想にならなかったのかもしれませんが。

 

 グリーンチャンネルが無料だったので、四位騎手の引退セレモニーまで観てました。こういうの観てると、自分がどんどん歳をとっていくことを実感します。四位調教師はどんな名馬を送り出してくれますかね。期待しています。

 

 さて、明日は2重賞。短距離の阪急杯はフルゲートの18頭立てで、中距離の中山記念は9頭立ての少頭数、どちらも楽しみなメンバー構成となっています。

 

<中山記念>

◎3ダノンキングリー

○7ラッキーライラック

 

 人気どおりの印になりました。少頭数ですし、馬券を買うならこの一点だけになるかな〜

 失礼ながらこのレースは、インディチャンプ、ダノンキングリー、ラッキライラックそしてウインブライトの4頭立てだと思っています。1〜4番人気ですね。馬券は買いづらいレースです。

 

 昨秋の毎日王冠では、ダノンキングリーが出遅れ最後方から、アエロリットが逃げてインディチャンプが2番手という競馬でした。直線、逃げるアエロリットを交わしにかかるインディチャンプでしたがアエロリットに差し替えされ、さらに大外からダノンキングリーにまとめて差し切られました。その後、本番のG1マイルチャンピオンシップでは、インディチャンプが優勝し、ダノンキングリーは5着。

 

 昨年、一昨年の中山記念はよく似ています。後続を離して逃げるマルターズアポジーを2番手で追うのは牝馬(2018アエロリット、2019ラッキーライラック)でその2、3番手後ろにウインブライトが追走。結果はウインブライトの2連覇でマルターズアポジーを追った牝馬が2着。

 ウインブライトは昨年の香港G1を2勝するなど、中山記念をステップに大飛躍しました。

 ラッキーライラックはエリザベス女王杯で初G1制覇を成し遂げました。

 あら?1番人気のダノンキングリーだけがG1未勝利じゃないですか!!

 

 インディチャンプにとって、中山記念(1800)→安田記念(1600)というステップは、昨秋の毎日王冠(1800)→マイルチャンピオンシップ(1600)を思い出させます。香港マイル(7着)からの国内復帰レースですしね、ここは目一杯の仕上げではないかと。

 

 3連覇がかかるウインブライトは、松岡騎手の落馬負傷でのミナリク騎手への乗り替わりがマイナスです。この後の香港もミナリク騎手でいくとか。JRA重賞未勝利のミナリク騎手、松岡騎手の代打はどうでしょうか?

 

 ダノンキングリーは、毎日王冠でみせた切れ味がすごかった。横山典弘騎手は明日は2鞍しか乗りませんから、中山記念にかけているんでしょう。知らんけど。開幕週で内枠のディープを信じて。ダノンキングリー本命です。

 

 ラッキーライラックは、ミルコ・デムーロ騎手との初コンビです。「強い馬だから乗ってみたかったデース」とのこと。あれ?どっかで聞いたな。。。ああ、東京新聞杯のプリモシーンの時でした。狙っていた馬で重賞に出てきたら燃える男ですよ。やってくれますよ。

 

<阪急杯>

◎3ダイアトニック

○7ステルヴィオ

▲6フィアーノロマーノ

△1、16

×8、12

 

 ◎ダイアトニックは1400mでは、5−1−0−0と崩れません。前走の京都金杯では、1ハロン長いマイル戦を疑う人も多かったようですが、開幕日の内枠をひいたことでなんとかやれると思い本命にしました。そして、サウンドキアラの2着に入ってくれました。今回は、得意の距離に戻り、またまた開幕週の2枠3番をひきました。心配はなかなか調子の上がらない北村友一騎手だけですが、大丈夫ですよね??(笑)

 

 ○ステルヴィオは昨年は同日の中山記念の方に出てたんですよね。そして最後追い詰めて3着といいレースしたんです。その後2戦して安田記念の後お休み。9ヶ月の長期休養明けで今年は1400mの阪急杯の方へ出てきました。今年はスプリント路線も見据えているのかもしれません。ノーザンファーム天栄仕上げですから、長期休養明けはむしろ狙い目かも。

 

 ▲フィアーノロマーノは1番人気に支持されていますね。川田騎手を確保してますし、優勝候補には間違いありませんけど。。。

 

 △には、ゴドルフィン陣営のジョイフルと社台ファーム陣営のアンヴァル。藤岡佑介騎手は昨年の覇者スマートオーディンではなくアンヴァルに乗りますね。人気ないけど面白いかも。

 

 今年好調の松山弘平騎手のレインボーフラッグと馬場がいい開幕週なら幸騎手ということでサフランハートの2頭を×で押さえておきたい。

 

 外をウロウロするわけにも行かないので、馬券を当てて宅配ピザを山ほど注文します(笑)

 GOOD LUCK!!

 

JUGEMテーマ:競馬

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.