長い物には巻かれよ

100workerの競馬自習室ブログ
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
京都牝馬S2020を予想してみました。

 ども、100workerです。

 明日は2重賞。東京のダイヤモンドステークスはいっちょんわからんけん、パスします(笑)16頭中9頭はノーザンファーム陣営ですね。でも、遠征してきた川田騎手は非ノーザンファーム陣営のタガノディアマンテですか。。。1番人気でしょうけど。。。

 

<京都牝馬S>

 こちらは、17頭中6頭がノーザンファーム陣営。

 あ、そういうことか。。。

 

 いつも参考にさせていただいているI氏によると、「京都牝馬Sは内枠全滅レース」らしいです(汗)

 たしかに、先週までのレースを見ても内が荒れ荒れで、先行馬は苦しそうでした。

 最終週の今週の状況は容易に想像できますね。

 

 枠順を見て、ノーザンファーム陣営の戦略の一つがわかりました。

 狙ったレースに多数出走させる、しかも有力騎手をズラッとおさえる。これによって、ライバル陣営の騎手力を落とすことができるというのは理解していました。

 もう一つは、あからさまなトラックバイアスに備えていたんですね。

 京都牝馬Sは、1〜3番枠に、ルメール様、福永騎手、ユタカさんの3人を配したノーザンファーム陣営の有力馬が入りました。この馬たちにこの鞍上ですから、むざむざ全滅はしないでしょうけど、苦戦しそうです。

 でも、あと3騎いて、外枠に入りました。

 11番のディアンドル(藤岡佑介騎手)、14番のドナウデルタ(北村友一騎手)、15番のモアナ(シュタルケ騎手)。

 なるほど〜(今頃気づいたのか!!って突っ込みはなしで。。。)

 

◎14ドナウデルタ

○17サウンドキアラ

▲1アルーシャ

△8プリディカメント、9プールヴィル、13シゲルピンクダイヤ

×2、3、11、15

 

 ◎ドナウデルタは3連勝でOPクラス入りして重賞戦線に戻ってきました。母ドナウブルーは2012年の同レース勝ち馬です。そして、母の全妹ジェンティルドンナは2012年の牝馬3冠馬。ジャパンカップ連覇、有馬記念制覇の計6冠を制したすごい牝馬でした。そのジェンティルドンナも1月のシンザン記念を勝っています。この血筋の得意な季節なんですかね。先週、ようやく今年初勝利をあげて翌日には重賞も勝った北村友一騎手を背に、4連勝で重賞初制覇を期待します。

 

 ○サウンドキアラは社台ファーム陣営で、ノーザンファーム陣営の厚い層に食い込めるか?ってとこですが、枠に恵まれました。ノーザンファーム陣営の有力馬が3頭も内枠に閉じ込められるところ、大外枠を引きました。今の京都ならむしろ乗りやすそうな枠です。前走の京都金杯は、開幕日の絶好馬場で2枠から勝利しましたけど、今回も馬場を味方につけて好調松山弘平騎手の手綱が冴えればいけるかも。

 

 ▲アルーシャは1番枠をひいてしまいました。馬場の悪い内側に閉じ込められそうですが、ルメール様なのでこれくらいの印はつけておかないとですね(笑)

 

 △と×をたくさんつけてしまいました。オッズを見ながら適当に流そうかな。

 どんな走りをするか楽しみなのは、プリディカメント。1200m戦で後方から追い込んでくる馬です。1ハロン長いですが、直線外から伸びて来れるか??

 

 日曜日は小倉競馬場で生観戦です。川田騎手とヴェロックスが出走しますので楽しみです(^^)

 

JUGEMテーマ:競馬

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.