長い物には巻かれよ

100workerの競馬自習室ブログ
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
芝レース限定のランキング2020(2/9まで)

 ども、100workerです。

 先週もひっどい予想でした。ただただ立ち尽くすのみでした。。。

 しっかり復習して、今週に備えます。

 

 では、さっそくいつもの芝レース限定のランキングを貼っていきます。

 

1.騎手編

 

 マーフィ騎手が帰国しました。マーフィ騎手に集中していた勝ち星がどう散らばるのか??

 デムーロ騎手、大野騎手、田辺騎手が2勝ずつあげましたね。関東ではこのあたりを中心に回っていくのでしょうか??

 

 松山弘平騎手、早くも今年重賞3勝目です。なんと、年間の重賞勝利数で自己最高だとか。まだ2月ですけどね(汗)それと、年間2勝がこれまでの最高だったことも驚きです。2017年の皐月賞をアルアインで制したのが唯一のG1勝利です。今年はG1でも勝ち星を重ねられるでしょうか??平成生まれでG1勝ったことがあるのは、松山弘平騎手のこの1勝だけって知っていましたか?松山弘平騎手に続く若手の活躍も待ち望まれます。

 松山弘平騎手は、今年ここまで6勝でトップテン入りしています。その内訳がすごいんです。なんと、ノーザンファーム陣営の馬では1勝もしていないんです。まあ、そもそもノーザンファーム陣営の馬に騎乗することがあまりないんですけど。これまでにノーザンファーム生産馬には4頭騎乗して5着が最高順位です。他陣営の馬だけで6勝をあげてトップテン入りしています。いい腕を持っているんでしょうね。

 

 北村友一騎手は騎乗停止から復帰しました。先週も未勝利でした。今年の芝のレースでは24レースに騎乗して、0−5−1−18と勝ち切れません。こちらは、ノーザンファーム陣営に重用されていましたが、今週はあまり乗せてもらってませんね。きさらぎ賞ではノーザンファーム陣営のトゥルーヴィルに騎乗しましたが、見せ場がありませんでした。このままではクビになる??頑張れ〜

 

2.調教師編

 

 

3.馬主編

 

 

4.生産者編

 

 

5.外厩編

 

 

 

 

JUGEMテーマ:競馬

コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.